タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







在日外国人大学教授の中には、 意識的に日本人に誤ったシグナルを発する輩がいます。

そういう者を積極的に出演させて、 反日宣伝をする放送局があることに注目すべきです。

NHKの番組には在日の大学教授が頻繁に顔を出すようになりました。 NHKの真意は?

反日の在日教授でも、NHKに出ている人がいうのなら正しいだろうと思わせる作戦です。






NHKは美術番組にまで、 反日の在日大学教授を出演させています。 その真意やどこに。

在日の外国人に対しては、改めてこの国に忠誠を尽くす覚悟があるのか確認すべきです。

反日の外国人にはこの国を去ってもらいましょう。 我我の税金で養う必要などありません。

独立行政法人の大学であるものが 反日教授を雇うとは何事ですか。反日教授の一掃を。

帰化した者であっても、反日の者はこの国から追放しましょう。法整備の拡充が必要です。

竹島奪還作戦となった場合には、まず在日だった外国人部隊を投入して戦わすべきです。






NHKは上記のために韓流なる流れを作り出し、 まず日本の女性から手なずけたのです。

私たちは、そのようなことに使われるために受信料を払っているのでありません。猛省を!

男女共同参画、 ジェンダーフリー、韓流の裏側に潜んでいる謀略に十分留意すべきです。

日本の女性の皆様、 韓流で人気を得ているスターが反日俳優であることをご存じですか。

今は地上波でも衛星放送でも韓流ドラマの放映されない日はありません。事実を全く無視した時代考証で放映されていることに注意してください。






NHKは、 用意周到に我が国への破壊工作をしている支那の謀略機関だということです。

これらのことで、NHKがこの国を破壊しようとする確信犯であることは間違いありません。

他の放送局からも韓流の流れに沿った朝鮮語の番組が一日に何本も放映されています。

これで韓国人らへの日本人の印象を良くし、 外国人参政権権への布石を打ったのです。

東京で若い人たちが韓流の流れを見抜き、行動を起こしてくれました。 本質を見る目を。






日本放送協会という組織は、もう公共放送としての使命を終えました。 今NHKの解体を!

NHKは私達が支払う受信料で成立つ組織です。 それが今反日組織となっているのです。

日本放送協会は隣国の日本支局となり果てました。自民党政権は何をしていたのですか。

最近のNHKでは、日本を 「 にっぽん 」 と仮名書きしています。 国語まで破壊する気か。






日本を貶める番組を流す放送局とスポンサーになっている会社は、批判されるべきです。

この国を貶めるための番組のスポンサーの会社の製品は、購入すべきではありません。

貴重な外貨で、反日の国から番組を買ってまで韓流を推し進める意図を見抜くべきです。

真の保守政権が成立したなら、電波使用料の値上げをして、反日社員の給与を下げよ。






日本を嫌う国の番組を流す必要がどこにありますか。 密かに進行する謀略の一環です。

その謀略とは、在日朝鮮人への 地方参政権を差し上げる ことへのマスコミの加担です。

この国の基盤を犯す 地方参政権を差し上げる と発言したのは、 日本の鳩山総理です。

外国人への参政権は、憲法15条で認められていません。 そいうことも知らぬバカ総理。

元大統領に死刑判決や、元首相が逮捕されるような国出身者にどうして参政権ですか。






憲法にも抵触するような亡国の政策をとる新政権。 こんな政権が世界にあるでしょうか。

民主党は外人への地方参政権付与について憲法に矛盾しないと答弁書を決定しました。

民主左翼政権は、 真剣にこの国の解体を目論むものだということが、 はっきりしました。

日本人は今回の選挙で危険極まりない政権を、 圧倒的な支持で選んでしまったのです。

台湾が馬政権を選び、我が日本人も民主党の政権を選ぶという愚を共に犯したのです。

台湾がこれで支那の手中に落ちたも同然ですが、我が日本がそうなっていいのですか。






何もしてこなかったからこそ、受信料を使っての、反日・反自民の報道を流されたのです。

自民党は政権再奪取の暁には、NHKを解体すると明言し、国民の支持を得るべきです。

自民党よ、 惰眠をむさぼっているなかれ!。 政権奪取のために今何をなすべきかです。

野党に下野した今こそ、 過去の自党のどこを改め何を新たに創造し国民に問うかです。

それが谷垣自由民主党からは聞こえてこないぞ。 菅政権が長いとでも思っているのか。

尖閣ビデオが流出した時の、谷垣発言はなんだ。 国民はあの発言を忘れていないぞ。

谷垣発言が自民党の考えなら、 自民党政権では領土も守れないと考えるのは当然だ。



続けて、 憂国の思い51 をご覧ください。