タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







スパイ天国といわれている我が国の現状を、 普通の国並に整備し、スパイ活動に厳罰を。

イージス艦の機密情報の漏洩は、国防組織の中で起こったこととは思えない大失態です。

イージス艦に関係する自衛官の妻が支那人であったということが、今の日本国の姿です。

高価なイージス艦も、支那が衛星を破壊すれば、ただの鉄製の箱舟に過ぎなくなります。

米国のミサイル防衛(MD)は、日本から米国の兵器研究の金を出させる策略なのです。

沢山のおとり核ミサイルを同時に数多く発射されれば、何の攻撃もできない金食虫です。






支那のスパイ

支那人を持つ自衛官には、退職を促して、 日本の防衛機密を守らなければなりません。

そういう自衛官の一挙一頭足は、ちゃんと部署なり、公安によって監視されていますか。

自衛官が任務に就く時は、私物の一切の持ち入れ、持ち出しを、 認めてはなりません。

支那の尖閣侵略ビデオの流出は、勇気ある海上保安庁の職員によって行われました。

千石官房長官は恐らく支那の不利になる侵略映像のビデオを隠したかったのでしょう。

支那の国益しか考えない国家指導力のない左翼弁護士レベルの千石官房長官です。






スパイの暗躍は映画やテレビの中の話ではありません。スパイにとって日本は天国です。

支那からの留学生を増やすということは、スパイを積極的に受け入れることと、同じです。

スパイ防止法の成立は、 日本が普通の国としてやっていくうえでの、重要な法整備です。

民主党そのものが、支那の手先みたいなものですから、もう日本はどうしようもないです。

イージス艦の機密情報を盗んだ自衛官が有罪とはいえ執行猶予ですよ。 ボケています。






スパイ防止法の成立を望む国会議員が何人いるでしょうか。腑抜けばかりの我が国です。

国益を犯かし、我が国に忠誠を尽くさない外国人は退去させ、国の安全を計るべきです。

憲法廃止とスパイ防止法の早期制定、これがこの国の将来を決する二大重要案件です。

そういうことを、きちっとやるのが保守政権の王道です。自民党はその気もないようです。






こういった保守本流の政策に回帰してこそ、 自民党の起死回生のチャンスがあるのです。

利権や口利き、役人の言いなりでの政策では、 自民党の再生は全くあり得ないことです。

民主党の化けの皮が剥がれた今も、自民党への支持が伸びない理由がそこにあるのだ。

そして老害政治家の引退を促し票田開拓に何をなすべきか、 今後の自民党の課題です。

谷垣自民党に本当に政権奪取の心意気があるのか。民主党の自滅を待っているだけだ。



続けて、 憂国の思い50 をご覧ください。