タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







昔の日本人には国のため、人のためという崇高な思いが胸の内にありました。 今はどうでしょうか。

物質的に豊かになったら、 精神的に貧しくなりました。 これは私たち一人一人の大問題でしょうね。

今は我先にと目先の利益に振舞わされる日本人と成り果てました。 もう一度足元を見直しましょう。






今までは経済一本槍でこれたのですが、 核保有国に取り囲まれてしまった現在ではもうできません。

北朝鮮が日本を核攻撃すると恫喝した時、我が国はパニック状態に陥ります。 これで負けなのです。

米国は、北朝鮮が着々と核の小型化とミサイル技術を開発しているにも関わらず、 放置しています。

六カ国協議がどうだこうだの間に、 北朝鮮は何をしましたか。 核開発とミサイル技術の向上でしょ。

米国は北朝鮮の核開発を止めさせる意思はありません。時間稼ぎで核開発を助長しているのです。






北が核ミサイルを完成させれば、 日本を恫喝します。 その方が米国の国益だと考えているのです。

我が国が北朝鮮と戦ったら勝てると思いますか。核保有国と戦えば我が国は確実に負けるのです。

日本が北朝鮮に負ける! あなたはこの現実を信じられますか。 これが平和国家日本の実像です。

それは日本が核兵器を持つか持たないか米軍との軍事同盟が有効に作用するかに掛っています。

米国が日本国のために核保有国と対峙して、自国民や兵士を核攻撃という危険に晒すでしょうか。






その時アメリカが本土へ核攻撃を受ける危険を犯してまで日本を守るでしょうか。 あり得ませんね。

これは支那が日本を侵略する時にもいえることです。アメリカが日本を守るなんて夢のまた夢です。

日本が北朝鮮から核攻撃するぞと恫喝されても、米国がそれを危機と認めなければ、安保条約の発動はあり得ません。

アメリカと支那とは、我が国を追い落とすために裏でつるんでいるのかも知れない存在なのですよ。






日本が侵略を受けた時に、米軍が日本にいなければ、理屈をつけて参戦しない可能性があります。

しかし米軍が日本に駐留している状況で侵略を受けた時には、 米軍の応戦を期待できるでしょう。

侵略に耐えられない軍事力しかない我が国は、 あらゆることを想定して国土防衛しかないのです。

19年9月に安全保障関連法案が参議院通過で成立しました。物事は一気にとはいかないのです。

だから核による防衛体制の構築が急務なのです。支那の侵略には通常兵器では対応できません。

そういう状況にありながらも、 動的防衛力という名の下に、 自衛隊の人員と装備を削減する政府。

尖閣諸島が支那に奪われれば、支那海軍は自由に太平洋へ出ていって、米国と覇権を争えます。






核保有国に取り囲まれてしまった今、我が国の安全と独立を守るためには核保有しかないのです。

しかし米国は、 日本の核武装を絶対に容認しないでしょう。 ここに支那が付け入る隙があります。

日本の核武装には、アメリカという高いハードルがあるのです。核保有には一大決心が必要です。

その一大決心というのは、私たち日本人が貧しさに耐えるということです。そうでなければ絵空事。

しかしながら、我が国が核武装した暁には、 アメリカのアジアにおける防衛負担は軽減されます。

ここに我が国の核保有には現実性があるのです。東アジアの安全のためには核保有が必須です。






日本の核武装には伸るか反るかの一大決心が必要です。 しかし今やり遂げなければなりません。

日本が核武装しなければ、支那による日本侵略は避けることができません。これが今の現実です。

しかし、直接侵略はどんな国でも負担が大きいです。 ですからまずは戦わず勝つの戦法でしょう。

その戦法というのが、大量の留学生であり、貧しい観光客の送り出しなんです。今気づきましょう。

観光地が儲かり、航空会社が儲かるのだからいいじゃあないかという単純なことではないのです。






イラク・アフガンで疲弊した米軍は、 将来、我が国の税金を使ってグアム島まで撤退するでしょう。

グアムにおけるキャパシティーの問題や沖縄の地政学的位置から沖縄を捨て難いのも事実です。

この移転は我が国の左翼から出て行けと言われている現状から鑑み、仕方がない面もあります。

韓国の前の反米の政権に対してとった米国の政策に通ずるところがありますが、国益でしょうか。






米軍が撤退していった後を、自衛隊で穴埋めができるかといえば疑問です。 支那がにんまりです。

自力による祖国防衛が当然ですが、日本が独自でこの国を守れるかといえばそれは不可能です。

今の軍事力で侵略を防ぐことはできません。ですからアメリカとの軍事同盟でいくしかないのです。

フィリピンのスービック海軍基地から、 米軍が引き揚げた後、 南シナ海で支那が何をしましたか。

支那が南シナ海で幾つもの侵略行動に出た時、 米国が何か行動をとりましたか? NOでしたよ。

米国が西沙諸島等に支那が進出しても、何も行動を起こさず、 支那の実効支配となったのです。

過去の歴史から支那は今ベトナムとの領土争いを起こしたのです。米国債を大量に買い込んで。

どんな国も自国の利益をそこに見出さなければ、一切関知しない国策をとるのだと知るべきです。






支那が日本侵略のために米軍を日本から撤退させる作戦に、 我が国自らが協力しているのです。

税金を使ってまで、日本の安全を損なう米軍撤退をさせるのは、 沖縄だけの問題ではありません。

独立国に他国の軍隊が駐留しているのはおかしいという論もありますが、現実的ではないのです。

何故現実的でないかといえば、 我が国には普通の国のように、 侵略を防ぐ軍隊がないからです。






そして民兵や民間の国防組織も、防空壕もないのが我が国です。 戦争など全くできないのです。

北朝鮮が、韓国の延坪島を砲撃した時、 島の人たちはどうしましたか。 防空壕へ逃げたでしょ。

その後ソウルでも、 非難訓練が実施され、 韓国民は地下へ避難しました。 日本はどうですか。

この国の要の通信の鉄塔、ガス・石油のタンク、レーダーサイト、全て丸裸の状況にあるのです。

一朝有事の際の兵站能力もありません。 戦場へ物資を送るなら、 我々に与えよと騒ぐでしょう。

要するに経済一本できた我が国には、 戦時対応という軍備も思想も、全くない国だったのです。






ですから米軍の日本駐留の今こそ、総力を挙げて軍事力を整備増強しなければならないのです。

亡国の内向きの金のバラ撒きである子供手当の支給を止めて、 国防へ予算をつぎ込むのです。

敗戦というあの時点へ戻って、この国の一切を再構築しなければ、 この国の未来はありません。

絶対にそうはさせないというのが、 米国と支那であることを私たちは知っておく必要があります。

日本の核武装が将来起こるであろう、 日本と支那との抗争を未然に防ぐ唯一の方策なのです。

しかしながら我が国の核武装は、正に「難中の難これに過ぎたるはなし」の絶望的な状況です。






石油や食料の供給の全てをアメリカに握られた我が国は、所詮アメリカの戦略の中に埋没です。

日本がTPPに加入すれば、 日本の食糧も制御できるという、 米国の国益も潜んでいるのです。

いやそれだけではないのです。内需拡大・規制緩和・構造改革の次を狙うのが、TPPなのです。

米国は坂を下り落ちる黄昏の国です。今日本の富を奪って最後の足掻きに出たと解すべきです。

ですから円を売ってドルを買い込む円高対策は駄目なのです。英知を結集した対策が必要です。






日中戦争が勃発すれば、 我が国の国土は再び焦土と化し、 そして永久に隣国の属国となります。

要するに日中戦争が起きれば、我が国は間違いなく負けるということです。 米国は傍観だけです。

何故傍観だけかといえば米国は支那の支えがなければ経済運営ができない国になったからです。

支那からの核攻撃に米国民を晒してまでも米国が日本を守る意思と国益があるかということです。

戦争を仕掛けて、自国が絶対に勝てるとなれば、侵略してくるのは、 火を見るよりより明らかです。






しかし最近になって、やっと米国の世論にも支那脅威論が台頭してきたことは、 歓迎すべきです。

支那は世界で最も危険な侵略国であり、世界最大の好戦国である危険極まりない存在なのです。

米軍が日本から撤退し、その時に日本が核武装していなければ、 支那は確実に侵略してきます。

我が日本は、歴史の分水嶺に立っているのですが、今を生きる日本人にはその意識は希薄です。

ですから、民主党という政党の素人集団を、選挙で勝たせてしまったのです。 誤った選択でした。



続けて、 憂国の思い44 をご覧ください。