タイ観光ジャンプ指示 タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







そして我が国の病院が疲弊すれば、アメリカがそれを乗っ取り、医療からさらなる収奪が行われます。

医療崩壊はアメリカの禿鷹資本が竹中・小泉改革をして、我が国に仕掛けた富の収奪作戦なのです。

今起こっている医師不足は、 厚労省が医師の研修制度を自由化したことによって起こった人災です。

政府は医療機関の疲弊を診療報酬アップで解決しようとしていますが、 それだけでは解決しません。





医師の研修先を自由に選べるようにしたことから起こったのですから、 自由化路線が失敗なのです。

自由化とか規制緩和が万能ではないことがおわかりですか。 自由にしたら駄目なこともあるのです。

規制緩和とは、米国が竹中・小泉改革をして、自国の為に我が国を改造させる強制策だったのです。

米国という一見民主主義の世界経済席巻の帝国主義は全世界の批判の的です。 米国も既に黄昏。

問題を抱えてはいますが日本の医療制度は世界に冠たるものです。それを米国が破壊するのです。

このように軍事力を持たない国は、強大な軍事力を持つ国の格好の餌食となり、蹂躙されるのです。





規制緩和された観光バスやタクシー業界では、何が起こりましたか。低賃金で働かされ、多くの客の命が失われました。

そして平成27年に何が行われようとしているのでしょうか。規制緩和で増え過ぎたタクシーを減らそうとしているのです。





竹中・小泉改革で、あなたの生活がよくなりましたか。 小さな政府、規制緩和でどこがよくなりましたか。

安倍内閣でも竹中主導の移民政策が行われようとしています。彼は人材派遣会社の会長なのですよ。

一億総中流といわれた日本社会が、 一気に破壊され、 仕事をなくした人達が住む家も失ったのです。

アメリカの言いなりになっただけの竹中・小泉改革。 これで我国の富が、米国に持ち去られるのです。

そしていよいよ郵政株が上場されようとしています。 アメリカのファンドの狙い目が、はっきりしました。

それでもまだあなたは、肥えた豚の平和愛好国の国民でいたいですか。強国の餌食になるだけです。

我が国が苦難に耐え軍事力の増強をしなければ、 我が国が米国の経済奴隷であり続けることです。





米国は常に我国の富を搾り取ることを画策する国です。 そんな国の核の傘が信用できるのでしょうか。

核武装は我が国存立の基本です。何としても核による自衛策を講じなければ、強国の餌食となります。

核保有は口でいう程簡単ではない。福島原発の使用済み燃料棒をミサイルに搭載して有事に備えよ。

IAEAの査察は、放射能の危険な福島原発の現場に足を運ばない可能性がある。秘策を練ることだ。

核保有ができないのなら強力な放射能を発する使用済み燃料をミサイルに搭載して核の代用とせよ。

それを自衛隊の潜水艦に搭載して侵略への備えとせよ。 可能な限り知恵を出さないと侵略されるぞ。

偏西風の影響を考慮して北京攻撃は避けて、ハルピン辺りを攻撃すれば、放射能の影響は低くなる。

福島原発の事故を活かすのだ。転んでもただでは起きない根性が大事だ。 日本の技術なら可能だ。





アメリカからの搾取をはね返すためにも、我が国は核武装して普通の国にならなければなりません。

通常兵器を何兆円も掛けて整備するより、核の方が手早く確実に、防衛力のアップができるのです。

通常兵器での国防力アップは、今ですら財政破綻状況なのに、 さらに困難な財政状況になります。

核保有までには大困難が待ち受けています。保有した後も同じです。しかし今やらねばなりません。

米国は既に黄昏の国です。 そんな国の属国でいて日本がこれから先の世界で生きていけますか。

中露と北の核に取り囲まれた日本。そして米国が日本のために、三か国と戦うなんて夢なのです。

核の傘は亡霊に過ぎません。独立国は自国で自国の領土、領海、国民の生命財産を守るのです。





日本人がいつまで経っても本当の豊かさを感じられないのは、 アメリカに搾り取られているからです。

アメリカは竹中・小泉改革と称して郵政改革を強制させました。 また道半ばですが、どうなるかです。

結局のところ郵政改革は、 我々の財産を民間に格安で払い下げ、 本筋はアメリカによる収奪です。

国民新党の郵政改革法案は、自党に郵政関係の票を集めるための、 党利党略のまがいものです。





徴兵で鍛えられる男とそれを支える家族。 徴兵制のない国とは精神的に全然違います。

徴兵制で鍛えられた男には、必ず愛国心が芽生えます。日本人の愛国心はどうですか。

今回の9.0の大地震でもそうだろう。訓練され機能的に動ける組織が如何に大事かだ。





それを千石元官房長官は、「暴力装置」 と発言しました。 如何に彼の思考が異常かだ。

彼の異常さは若い時に左翼思想に被れたからだ。若い時の教育が如何に大事かです。

ですから日教組先生は徹底的に日本の公的教育現場からは排除するしかないのです。





今回の9.0の大地震発生で、自衛隊の存在価値が、 理解できただろ。 暴力装置か!

国を守り、 周辺国の侵略を跳ね返すためには、 愛国心がなければ立ち向かえません。

でも北朝鮮による韓国の延坪島砲撃に対しての報復の様は、韓国軍の実力ですかね。

北との全面戦争を避けるために恣意的にしたのでしょうか。ちょっと情けない状況です。





韓国は疲弊した日本を李承晩ラインで苦しめ、 日本の竹島を実行支配している国です。

韓国国土海洋省は、10年12月27日、竹島の港を「国家管理港」とし、実行支配です。

それに対して日本の菅政権は抗議したのか。 実効支配を確実に強化しているのだぞ。

勝手に李承晩ラインなるものを設定し、日本の漁船や乗組員を拿捕し苦しめたのです。

お爺ちゃん、お婆ちゃんがお元気な家らば、 李承晩ラインのことを是非聞いてください。

勝手に李承晩ラインを敷いた韓国に、どれほど日本漁民の多くがが苦しめたれたかを。

野党の自民党もちゃんと抗議をしたのか。韓国のパチンコ資金の喪失が恐ろしいのか。

谷垣・石原・石波は駄目だ。 民主党が野田で再スタートなら自民党も安倍で再出発だ。

彼はその日に備えて体力や気力の鍛錬をやっているか。 日本を背負えるのは安倍だ。





その国の末裔たちが日本で特権を得て、日本に財政負担をさせてまで暮らしています。

その国に忠誠を誓わず、財政負担をさせる外人の特権を認める国など、世界にないぞ。

長期滞在の外国人にも生活保護をすべきだとの判決が出た。 法を改正し裁判を正せ。

韓国が竹島を、北朝鮮が拉致被害者を返さない現在、 在日特権の全てを取り上げよ。

在日・支那人で生活保護で我が国に暮している者は、 即刻国外退去させるべきです。

そして我が国の基幹産業である通信業界には、元三国人支配を認めてはなりません。





チャンネル桜によれば、 朝鮮王朝儀軌は日本が朝鮮併合で奪ったものではありません。

したがって、日本が韓国に返還すべきものでも何でもないのです。 所有は宮内庁です。

朝鮮王朝儀軌等の図書は、韓国が竹島を占領している限り返還すべきではありません。

11年5月末、 与党と公明党との賛成で上記書物の返還が参議院でも可決されました。

お礼に我が国へ贈ったものを返せとはなにごとか! 全く礼節を知らぬ無礼な国柄です。

そしてお礼にいただいたものを、お返ししますという、日本の民主党政権も大馬鹿です。





明治天皇が、朝鮮のライ病患者の治療に貢献したお礼として皇室に贈られたものです。

竹島が返還された後に、返してもですが、不法占拠中の今は返す時期ではありません。

そんなことで、我が国の誠意が通じる相手とでも考えているなら、 全くの政治音痴です。

とにかく日韓の間には竹島を除いて、すべてのことが完全かつ最終的に解決済みです。





反日外国人であるにも関わらず日本国籍を得て、 生活保護のぬるま湯の中にいます。

日本国籍を得た後、生活保護を受けるようになった者からは、国籍をはく奪すべきです。

永住権を得た者でも、生活保護が必要となったら、それを認めず強制送還すべきです。

元々外国人であった者に生活保護が与えられること自体、国家としておかしいのです。

そもそも我が国の生活保護が入国目的なのですから、断固とした処置をとるべきです。





10年12月18日のネットによれば、ビザの申請をする中国人コックの約7割がニセ者。

上記はカナダの市民権・移民省の北京事務所が中華料理を作らせて判明したそうだ。

日本政府も、 支那人のビザ申請にあたっては、 カナダを見習う必要がありませんか。

嘘は泥棒の始まりと教える国に、支那人や朝鮮人を、長期滞在させて大丈夫ですか。





日本国籍を取得した支那人が外国へ行くのに、日本のパスポートの方が便利だそうだ。

日本に忠誠心の欠片もない支那人に日本国籍が与えられる国、それが我が日本です。

やっと不自然な養子縁組に、全国実態調査に乗り出しました。全てが後手・後手です。

日本の役所は何をやっているのだ。養子縁組の支那人など全員強制送還すべきです。

政権の重要人物が朝鮮人の団体での挨拶で、参政権を与えるために努力するとだと。

支那人の帰化は絶対に認めてはならない。 国内に騒乱状況を起こすトロイの木馬だ。





生活保護を受ければ、 生活も医療費も全て善良なる日本人の税金で暮らせるのです。

こういった実務を行う地方公務員も海保職員を見習って、 実情を明らかにすべきです。

ガン治療をしている日本人が毎月何万円もの医療負担をしながら暮らしているのです。

それにも関わらず、 反日の外国人がぬくぬくと医療費が無料で暮らしているのですよ。

支那のガン患者が日本で直ちに長期滞在が許され、生活保護で無料でガン治療です。

日本人が外国で暮らす場合でも、 金のない者に長期滞在を認める国などありません。

我が国はこういう国柄の国と付き合ってはなりません。正に遠交近攻の例え通りです。





支那の内部矛盾が爆発した時、台湾進攻を行い、 戦争を起こす恐れが多分にあります。

その時米軍が出動する前に、支那が日本を核攻撃すると表明すればそれで万事休すだ。

そうなる前までに、支那という危険極まりない国から日本企業は撤退するのが正解です。

撤退のタイミングを誤れば、支那への派遣社員はもちろんのこと、家族まで殺されます。

毛沢東率いる中国共産党は、二千万とも六千万ともいわれる自国民を殺した悪党です。

共産主義が、 世界中で一体どれ程の人間を収容所へ入れたり殺したりしたでしょうか。

民主主義だ人権だとほざく米国が中国共産党と裏でつるんでいる現実を知るべきです。

そのために私達日本人は、 一致団結して経済的困難を分かち合い、辛抱が肝要です。

日本人が貧乏に耐えることができなければ、 日本の核保有は夢物語に終わりますよ。





その前に尖閣諸島で事前演習かもしれません。要するに日本はなめられているのです。

何故なめられているかは、 米国との関係悪化と軍事力の無さを見抜いているからです。

日米関係が悪化はなぜ?。基地移転は 最低でも県外 だといった馬鹿がいたからです。

そして総理大臣の発言として、腹案がないにも関わらず、腹案があると発言しましたね。

支那は日米・日韓関係を悪化させて、自国が平和友好の国と見せかけてきた国柄です。

ですから日米軍事関係を悪化させた鳩山政権は、願ってもない馬鹿政権だったのです。





それで、ずる賢い中・露にしてやられたのです。 日本国の歴史に悪名を残す鳩山です。

支那というのは、 人の命など何とも思わない民主主義国家からは考えられない国です。

支那と北朝鮮は相手が弱いとなれば、何をするかわからない恐ろしい代表格の国です。

弱肉強食は、サバンナやジャングルだけの話ではないのです。この世界そのものです。

この地球というところは、我々人間が住む以上は、 民族国家間の戦争は続くのですよ。





朝鮮半島有事の際の、邦人救出の手はずは整っていますか。JALは当てになりません。

だったら自衛隊の輸送機しかないだろ。韓国は自衛隊機の飛行を嫌がっているんだぞ。

過去にもイラクからの邦人救出便を飛ばすことを断った会社です。それを救済する政府。

北の延坪島砲撃時もフィリピンはただちに自国民の避難対策をしたと報道されています。

少なくとも朝鮮半島の軍事的緊張が去るまでは、観光客の訪韓は中止させるべきです。





ウォン安だからと、 相変わらず極楽とんぼの日本人が、 身の危険も顧みず観光旅行。

朝鮮半島に火の手が上がれば、 飛行機は飛べないのだぞ。 フェリーで帰るつもりか。

韓国と北朝鮮は、いまだに休戦状態の国だぞ。 そこへ安心し切って買い物旅行とは。

海外では全てが自己責任だぞ。 休戦状態にある国に行くのであれば、覚悟して行け。

日本人は、仁川国際空港が38度線からどういう位置にあるか、 地図をみるべきです。





私達日本人は、ここらで少し貧乏を経験した方が、この国の将来のためにはいいでしょう。

空腹を知らず、 寒さを耐え忍び、 辛抱することすら忘れた日本人を目覚ます特効薬です。

間違いなく、物質的には豊かになった日本ですが、精神的には廃退の道を辿っています。

その最たる象徴が、政権を運営する能力のない民主党に政権を取らせた日本国民です。

政権運営能力がないといったのは、民主党の影の実力者ですよ。これだけは正解です。





民主党政権は、民主党本部周辺地域を静穏の保持に関する法律によって指定しましね。

支那でさえガス抜きの集会やデモを認めているのに、 民主主義の国でこの有様とはね。

チャンネル桜の呼び掛けで、頑張れ日本の整然としたデモ行進に、恐れをなしたのです。

こういった言論の自由、表現の自由の規制には、 何も発言しない日本の左翼と文化人。

中国共産党以上に、 日本の言論の自由を規制する左翼民主党って、 本当に怖いです。

そして千石官房長官は自衛隊を「暴力装置」と発言しました。馬鹿丸出しの左巻きです。





祖国防衛という国家として最重要事項を異国に依存した国家が栄えた歴史はありません。

核兵器を持ったといわれる北朝鮮が、 最後まで拉致被害者を解放することもありません。

拉致被害者救出や領土という国家の主権に関わることは、防衛力の増強しかないのです。

もっとはっきり言えば、憲法改正でも廃止でもして、 軍事増強で取り返すしかないのです。

現実問題として憲法改正は無理。 自衛隊法の改正を憲法ぎりぎりでやるしかないでしょ。





その時に武器を持ち、使用可能にしておくことは、 独立国の軍隊として当然のことですよ。

要するに命を賭すという覚悟でなければ取り返すことはできません。話し合では駄目です。

そのことは、日本国が主権というものが何であるかを全く考えてこなかった結果なのです。

民主党は米国との関係悪化を狙われた10年12月に、陸上自衛官の千名削減決定です。

日本は自衛隊の人員削減だけでなく、戦車まで減らしています。北海道は大丈夫ですか。

子供手当を止めにしてでも、防衛に国家予算を使う時じゃあないですか。まるで利敵行為。





血を流す覚悟がなければ、世界では通用しないという現実に、目覚める必要があります。

その時に大問題となるのは、北朝鮮が持つといわれている核です。 これが抑止力です。

核を持つ国を下手に攻撃すれば、報復として核攻撃を受ける可能性が存在するのです。

その時に我が自衛隊が持つミサイルで、 北の核ミサイルを洋上で撃ち落とせるかです。





10年12月15日に米国は、長距離ミサイルによる、 ミサイル迎撃実験に失敗しました。

核攻撃された時、 失敗は絶対に許されません。 命中率100%でないと負けなのです。

我が国が三度、核攻撃を受けないようにするには、核をもって自衛するしかないのです。

世界で最初に核攻撃を受けた国だからこそ、日本国は、核を保持する資格があるのだ。

日本が米国の核攻撃を受けた国だからこそ、 米国は日本の核保有を容認すべきです。

子供手当をどうするこうするの時ではないのです。 軍事力を増強しないでどうするのだ。





領土や人質を返せというならば、 戦争で取り返せというのが、 世界の常識なのですよ。

日本の左翼はそうはいいませんよ。「話し合いで」というでしょうね。世界の非常識です。

尖閣諸島の侵略から、日本人は話し合いでは通用しない事があると、気づくべきです。

これは、何も支那人や朝鮮人だけにいえることではありません。世界の常識なのです。

だから世界中のあらゆる国が軍事力を増強し、 万が一の侵略に備えているのですよ。

故に米国の日本を再軍備させない策略の憲法を改正なり廃止する必要があるのです。





自国の利益しか考えない、まさしく中華思想の国との付き合いは、 程々が肝要なのです。

隣国に深入りすれば、必ず向こうの意のままにされます。 日本企業は乗っ取られますよ。

支那へ進出した日本企業のノウハウを盗み終われば、日本企業の終末が訪れるのです。

何故かといえば、日本の企業のバックには、強い軍事力が全く備わっていないからです。

米国の元大統領が、北朝鮮から自国人を救出できるのは、強い軍事力があるからです。





三権分立を盾に司法の判断だったと責任逃れをする民主党政権。国家存亡の危機です。

うろたえるだけで何もできない政府に代わって、 東京都はパンダの借用を断るべきです。

石原都知事には、友好の使者などと勘違いされているパンダを、断って欲しかったです。

パンダが死んだからといって、4000万円以上もの金を奪い取られる日本。馬鹿ですね。

ならず者の支那にものがいえるのは石原知事あなただけです。在任中にお願いします。

その他には、田母神閣下や、頑張れ日本、並びにチャンネル桜の水島総氏らがいます。


日本の安全のために、私達に求められている防衛という大事な問題を共に考えましょう。



続けて、 憂国の思い5 をご覧ください。