タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







ワット・パトゥムワナラムの礼拝堂の内部をもう一度ご覧ください。



ワット・パトゥムワナラムの礼拝堂の様子を再度ご覧ください。大小二つの仏像が前後して安置されています。柱や壁には絵が描かれています。




ワット・パトゥムワナラム礼拝堂の内部のお荘厳の様子です。どういう訳かタイのお寺では時計をよく見かけます。両端には三角垂のお花が置かれています。


厨子の両側のお花や、三角錐に飾られたお花は葬儀用のもので通常は置いてありません。



礼拝堂のお荘厳は黄金で見事に飾られています。柱の絵にもご注目ください。





ワット・パトゥムワナラムの礼拝堂の内部のお荘厳のアップです。天井から下がっているシャンデリアは西欧的です。





シャンデリアのアップです。これだけを見ますと西欧的に見えます。暑い国ですので天井煽も設置されています。





礼拝堂の二体の仏像を正面から眺めたところです。





二体の仏像を安置する厨子の様子です。尖塔が立っています。宗教の世界では尖塔が必ずありますね。





ワット・パトゥムワナラムの礼拝堂の二体の仏像と厨子の装飾をご覧ください。





大小の二体の仏像も黄金に輝いています。タイではお堂に仏像が複数あることはよくあることです。





カメラのズームの具合によって輝きが変化して写ります。





礼拝堂の二体の仏像のアップです。





後ろの仏像のアップです。額のところにライトの光が反射して写っています。





ワット・パトゥムワナラムの礼拝堂の仏像を安置する厨子の屋根部分のアップです。





厨子の屋根の部分と尖塔部分のアップです。





礼拝堂の仏像を安置する厨子の上部の様子をご覧ください。実に精巧なもので、金箔で荘厳されています。





見事な二体の仏像と厨子のお荘厳の様子です。





厨子を左側から眺めて撮ったところです。





厨子を右側から眺めて撮ったところです。





厨子の中の二体の仏像を左側からアップで撮ったところです。





厨子の中の二体の仏像を右側からアップで撮ったところです。





大きな方の仏像の下部と小さな方の仏像を横から眺めたところです。





厨子を右側から撮ったところです。壁面には壁画が描かれています。後で細かくご紹介します。





厨子の中の仏像の大きな方を撮ったものです。





厨子の中の前の小さい方の仏像を撮ったところですが、後ろに少し反っていますね。日本の仏像は通常少し前へ傾いていますがタイの仏像は逆です。




厨子に安置された仏像を後ろ斜めから撮ったところです。





そのアップです。厨子の下部には バナナの葉 で作った飾りがあります。





今度は厨子を左側から眺めたところです。





厨子の左側から大きな仏像の方を主体に撮ったところです。





そのアップですが厨子の細工が見事です。手前左側には大きな蝋燭立てが写っています。





大小二つの仏像を撮ったところです。前の小さな方の仏像が後ろに反っているのがわかります。手前にあるのは蝋燭立です。





厨子を左側から撮ったところですが、実に見事な細工です。





斜め後ろから撮ったご本尊です。ノート・パソコンを操作しているのは葬儀の準備をしているところです。





ご本尊を真後ろから撮ったところです。





厨子の裏側を撮ったところです。ここでも葬儀の準備をしている人がいました。真ん中の下に見える白い線は電灯線です。





こちらは厨子の正面の下の様子を撮ったものですが、黄金に輝いています。赤色と黄金の色は似合います。





これは大きな蝋燭立です。下に大きな蝋燭が立っています。





上の蝋燭立の反対側の蝋燭立です。すぐ横には葬儀を記録する三脚付きのビデオ・カメラが置いてありました。





大きな蝋燭のアップです。芯も太いですね。タイではこのような大きな蝋燭が使われることがあります。





大きな蝋燭が何本もお供えしてあるのは、春節の時にヤワラート通り(タイの中華街)から左程遠くない呂帝廟で撮った写真です。





ご本尊の前の柱の前に置かれた時計です。螺鈿細工が施された豪華なものです。





葬儀用に飾られたお花です。ところ変われば品変わるですね。





蝋燭立の後ろの様子です。いろいろな飾り物が置かれています。須弥壇に相当するところの細工も素晴らしいです。





この写真は厨子の後ろ側の須弥壇に相当するところの様子です。





須弥壇に相当するところの真後ろの様子です。見事な造形です。





須弥壇に相当するところの右側に葬儀用として供えられたお花です。日本でいうところのお生花です。





須弥壇に相当するところの左側に葬儀用として供えられたお花です。





礼拝堂の窓の戸板の様子です。窓には鉄格子があります。



ここにも見事な彫刻が施され、金箔で覆われていました。



戸板を閉めてしまえば中は真っ暗になるのですが、熱帯のタイでは戸板があれば太陽の熱が遮断できます。





実に手の込んだ戸板の様子をご覧ください。





板戸と内部の壁画です。壁や柱には絵が全面に描かれています。白く見えるのは葬儀用の椅子の背もたれです。





板戸の下側を撮ったものです。





実に手の込んだ戸板を少しアップしたところです。





金箔だけでなく赤や緑に光るものもありました。





第3級の王室寺院だけあって、戸板の装飾も実に見事でした。





この扉には天使の絵が描かれていますが、錠は外されており、左右で少しずれがあります。





礼拝堂の内部の壁画の様子です。





何艘もの御座船が描かれています。





少し引いて壁画の様子を撮ったところです。





大勢の漕ぎ手によって進む御座船が描かれています。





御座船のほぼ中央には日よけのテントが張られています。





壁画の角のところの様子です。





壁の上部の壁画には御座船で埋め尽くされています。





川はバンコクの中心地を流れるチャオプラヤー川をイメージしているのではないでしょうか。





御座船には実に多くの漕ぎ手が必要だとわかります。





御座船が川面を行く様子です。何人もの漕ぎ手が必要ですので、御座船の運行は今ではめったに観られません。





壁画や天井、そして柱や窓までご覧ください。





ここも壁画の角です。





柱と柱の間から眺めた壁画の様子です。全て御座船です。





壁画の右側の御座船には高貴な方が乗られるのでしょう。





御座船と川岸の様子です。柱の模様にもご注目ください。





ここには実に沢山の御座船が描かれています。





ここでは立って櫂を櫂でいる様子も描かれています。





多くの漕ぎ手が描かれていますが、実際にもこのように漕ぎます。





お堂の内部の上部の壁画には全て御座船が描かれていました。





ここでは川にせり出した家が描かれていますが、現在でもこのような民家があります。





上の絵とは異なりますが、川面に建てられた家です。





写真のように今でも川面にせり出した家があります。この川はノンタブリー県のクレット島を流れるチャオプラヤー川です。





御座船パレードの様子です。これはプミポン国王陛下在位60周年を記念して行われた時の御座船のパレードです。





御座船を漕ぐには実に多くの漕ぎ手が必要です。御座船の中央には高貴な方が座るところが設けられています。





御座船運航は一般の船の航行を全てストップして行われますので、重要な交通路になっているチャオプラヤー川ではそうそうはできません。




漕ぎ手は御座船で統一された衣装で身を固め漕ぎまず。そして調子を整えるためか歌を唄いながら漕ぎます。





御座船の中央には高貴なお方が乗られるところがあります。





御座船の後ろには進路を操る人が乗っています。ゴムボートが見えますが、浮草とかゴミを事前に取り除くことをするためのボートです。




御座船運航には多くの漕ぎ手を必要としますので、経費も大変掛かります。タイへ行っても余程の幸運に恵まれないとこういった光景は観られません。




窓の上部分です。ここにも御座船運航の様子が描かれています。





壁画の上部には御座船が壁一杯に描かれています。





ここには溢れんばかりの御座船が描かれています。





ここでは何か御座船のッスピード競争をしているようにも見えます。





目を少し下へ向けますと違う壁画が描かれています。





ここには僧侶や天人が描かれています。





ここではお寺の様子や仏塔の様子が描かれています。





僧侶や天人の絵の上にもやはり御座船が描かれています。





この絵の建物の天井にはチョーファーがありますので、これはお寺の光景です。下には船着き場が描かれています。





これはお寺の建物と仏塔の場面です。窓には鉄格子がはまっています。





ここも屋根にチョファーがありますので、この絵はお寺の光景です。





この絵の屋根にはチョファーがありませんので、これは民家を描いた様子です。牛の背中にはこぶがあります。この絵の下にも船着き場があります。




この絵も民家や川縁の様子です。





この絵は支流のところの様子です。太鼓橋のようなのが川に掛かっています。白く写っているのは、葬儀用の椅子の背もたれです。





ここではお寺の前で闘鶏をしている様子が描かれています。タイには今も闘鶏の伝統があります。





闘鶏を楽しんでいる光景です。板で丸い囲いを作って、その中で軍鶏を戦わせます。





これは現在の 闘鶏 を楽しむ様子です。





お寺の中と前に軍隊が結集している光景です。象の姿も描かれています。昔の戦争では象は重要な動物でした。大砲も描かれています。




ここでは人々の生活の場面と軍隊の行進の場面です。



ワット・パトムワナラム 2 をご覧いただきました。


続けて ワット・パトゥムワナラム 3 をご覧ください。