タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。








バンコク市内からバンコク国際空港へ行く時に便利なパヤタイ駅のご紹介です。


ホテルがパヤタイ駅に近ければ、リムジンやタクシーで行くより安くて便利です。



BTSスカイトレインの駅と同じところにありますが、ホームは異なりますので、一旦BTSの改札口を出ます。


BTSスカイトレインのホームから直接エアポート・レール・リンクのホームへ行くことはできません。



空港へ行くにはエアポート・レール・リンクと呼ばれる電車に乗ります。案内表示板に従って進んでください。





BTSスカイ・トレインとエアポート・レール・リンクとはホームが異なりますので一旦BTSの改札口を出ます。





BTSスカイ・トレインのホームを一旦出て、エアポート・レール・リンクのホームへ歩いて移動します。


スコールの時など、雨が通路に降り込むことがあります。歩いている時に転ばないようにご注意を。



案内板に沿って歩いていけば、エアポート・レール・リンクのチケット売り場へ辿り着くことができます。





エアポート・レール・リンクのチケット売り場です。奥に自働の改札口が見えています。


右側に見えているのが、切符の自動販売機です。英語表示に切り替えることができます。



チケットの自動販売機が並んでいる様子です。画面を英語に切り替えればタイ語が読めなくても大丈夫です。





空港までの駅名ですが、空港は ” スワンナプーム ” と書かれていますのでご注意を。



英語表記では、 ” Suvamabhumi ” と書かれていまして、発音は ” スワンナプーム ” です。

これはタイ語に多い例外でして、最後の
”i” は発音しない規則ですので、「ミ」とはなりません。

でもこのスペルでスワンナプームとはなかなか読めませんよね。 でもスワンナプームなのです。



BTSとエアポート・レール・リンクのパヤタイ駅のすぐ下を在来線が走っています。


スコールの来た直後ですので、線路に水がたまっています。



パヤタイ駅構内です。左に行くとエアポート・レール・リンクへの乗り場です。


今回はここからマッカサン駅まで行きます。次の写真からマッカサン駅です。



エアポート・レール・リンクには ” EXPRESS ” ” CITY LINE ” の二種類の電車が走っています。





どちらを選ぶかは時刻表を見てからにしてください。 ” EXPRESS ” は走行本数が少ないです。


” EXPRESS ” はマッカサン駅と空港駅間をノンストップ結んでいますが・・・・・・。



高い切符を買っても ” EXPRESS ” の方が ” CITY LINE ” よりも遅く空港へ着くこともあります。


急行に乗車した場合は、マッカサン駅からバンコク国際空港までがノンストップで結ばれています。



列車の行き先表示です。これで スワンナプーム です。最後の ” i ” は発音しませんのでご注意ください。


タイ語のアルファベット表記は、必ずしも発音と同じではありませんのでご注意を。



車体に青いラインがある方が ” CITY LINE ” です。いわば各駅停車の普通電車です。





青いラインの電車が各駅停車だと覚えておくといいです。タクシーで行くよりずっと安いです。





” CITY LINE ” は結構混雑しています。





エアポート・レール・リンクもBTSスカイ・トレインもドイツのシーメンス社製の電車です。





これが乗車券です。これで改札機をタッチして通って、下車する時は投入口へ入れて出ます。





社内の停車駅表示です。赤が ” EXPRESS ” で、青が ” CITY LINE ” です 。





エアポート・ライン・リンクの止まる駅表示のアップです。マッカサン駅とスワンナプーム駅間を急行が走っています。





” CITY LINE ” の方が運行本数がはるかに多いです。これに乗って空港方面へ向かいます。





マッカサン駅に到着です。駅舎もホームは実に近代的にできており、先進国に見劣りしないものです。





マッカサン駅構内のレイアウトです。なかなかシンプルな感じです。今回は空港へは行かず途中下車です。





” EXPRESS ” の乗り場と、出口の表示です。今回は出口へ向かいます。





各駅停車の ” CITY LINE ” の表示です。通勤時間は結構混雑しています。





” CITY LINE ” から降りてきたマッカサン駅構内の様子です。





天井は配管がむき出しの工法です。





駅構内のトイレです。BTSスカイ・トレインの各駅にはトイレはありませんが、ここにはあります。


ご注意: 駅にはトイレがあるという常識はバンコクのメイン道路の上を走るBTSには通用しませんのでご注意を。



マッカサン駅舎を出てきたところです。MRT(Subway)地下鉄への案内表示があります。





案内板があります。今回はニュー・ペチャブリー通りへ向かいますので、まっすぐ歩いて行きます。





バスの乗り場表示です。





エアポート・レール・リンクのマッカサン駅のすぐ横を在来線が走っています。





ラッシュ・アワーではありませんので、駅舎の下はがらんとしています。





まっずぐ歩いていきますとマッカサン駅舎からエアポート・レール・リンクの線路の下を行きます。





車輪のついた鉄製の柵は、いわば遮断機です。電車が通る時、人力で道路をこれで遮断します。





右に曲がって地下鉄のペチャブリー駅方面へ進み、ニュー・ペップリー通りへと進みます。





ここが地下鉄のペチャブリー駅です。地下鉄への入り口は交差点の四方にそれぞれあります。





地下鉄のペチャブリー駅の入り口の正面です。水害を考慮してどの駅にも階段があり高くなっています。





ペチャブリー駅の表示です。この駅の表示はそのまま読んでも大丈夫です。


BTSスカイトレインのアソーク駅から地下鉄へ乗り換えても、ペチャブリー駅へ行くことができます。



続けてバンコク国際空港へ行く時に便利な マッカサン駅 をご覧ください。