タイ観光ジャンプ指示 ここをクリックしますと「タイのお寺と文化」のサイトのトップへジャンプします。







春に咲くカタクリの花です。愛らしい姿をご堪能ください。




斜面いっぱいに咲くカタクリの花です。




どこにでも咲いているという花ではありませんが、方々で群生している姿を見ることができます。




カタクリの花は山間地で咲くのが多いのではないでしょうか。




太陽光が十分でない内は、蕾が閉じています。




光が当たってくるとこのように花弁が開いてきます。




これが花弁がまだ閉じている状態です。




陽の光が射してきましたので、もうじき花弁が開きます。




私はこれを見て、ペリカンの嘴を連想しました。




少し花弁が開いてきました。




太陽の光に刺激されて花弁が開いてきました。




光に反応して咲く様はとても愛らしいです。




自然っていいですね。心が癒されます。




この状態が花弁が一番反り繰り返った状態です。




時々刻々変化する様は見ていてもみあきません。




こんな風に陽の光に応じて咲きます。




花と同時に葉もご覧ください。




のどかな光景です。日本の里山の姿です。大切にしたいものですね。




のどかに咲くカタクリの花です。人手が入っているのですが、それを感じさせません。




花と葉を同時にご覧ください。




可憐な美しい姿です。




光に反応して反り繰り返る様は、命の営みを感じさせてくれます。




花弁は紫色ですが、濃かったり薄かったりします。




日差しにより花弁は時々刻々変化します。




花弁の反り返りも花によって自在です。




これは最大級の反り返りですね。




大空に舞い上がるような感じです。




カタクリの一輪の美しさです。




カタクリの花は重いと見えて、必ず下向きに咲きます。




雄しべと雌しべは案外大きいです。




すごく反り返っていますね。




陽があたることによってこのように反り返ります。




同じところに植わっていてもいろいろですね。




花弁は紫色が基本です。




草の中で仲良く咲いています。




これが一番オーソドックスな花の形です。




花弁の反り返りもいろいろですね。



カタクリの花をご覧いただきました。この花が咲くと春の訪れです。



続けて 日本の桜 をご覧ください。